Author

未分類

再就職の際の面接は、小企業クラスの場合その社内の「人事」担当者が面接官です・・

再就職の際の面接は、小企業であれば、ほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、それ以外にも直接、これから仕事をすることになる一番偉い人、というような部長や課長クラスが当たることになるでしょう。とりわけ、事務系・営業系といった部署に転職するのなら、資格のみでは人の良し悪しを判断しづらいですから、自主的に自分自身をアピールしていくことが必要です。
未分類

在職期間にあるときは、可能ならば、周囲に悟られないよう…

在職中には、出来るだけこっそりと、(私の場合)雇用期間中に転社したいという意図だけ、早期に社内の人間に知らせたことがあります。しかしながら、その顎、求人を散々みていったのですが、就職先も転職するタイミングも何一つ進めていたので、時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てには一方、社内では業務の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況になってしまいました。
未分類

最近はウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えてきました。

現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門会社をよく見かけるようになりました。特許を出願したことのある人は、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼らは、特許を出願した人に加えて、研究開発で論文を世に出したことのある人や、雑誌で紹介されている人など、何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。
未分類

転職しようと考えたとき、転職先での年収を気にしすぎる人…

転職を考える際、転職先での給料について気にしすぎる人がとても多いものです。大半の方は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として得るべく仕事をしているのはずです。したがって年収というのは自身の評価という面もあるから大切なことは当然ともいえます。
未分類

自分が転職を考えていた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、…

昔はかなり複数の人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルに関しても驚くほど多種多様でほぼいまいちだと感じる担当者ばかり。私にとってはかなり重要なことことだからもっと真剣に向き合ってほしいという落胆した気持ちが募りました。
未分類

転職する際、とても重視されるのが間違いなく「面接」というものです。

転職をする場合、とても重要となるのがまぎれもなく「面接」です。大半、面接の際は面接担当者が当人に対して転職理由や仕事の意気込みなどいろんなことを尋ねられると思います。そして必ず、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から、面接担当者へ逆質問に切り替わります。
未分類

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、ほぼ確実に訊かれるはずです。この場合、どんなに正しい意見だと思っても、「労働環境」「人づきあい」についての不満やトラブルを絡めた受け答えは、なるべくやめておきましょう。
未分類

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえます。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が大切です。企業の大多数は履歴書や職務経歴書に記載されていることを元に面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が大事なポイントといえます。ただ記入するだけでなく、内容の魅力化を図ることも必要です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を記入します。
未分類

求人についての情報を見てみると、たいていの会社では月の収入がしっかりと記載されていますよね。

求人関連の広告には、多くの株式会社では月の収入等が記載されています。ただしこの月収の部分を見る時には、注意して確認する事が欠かせないです。数字だけを見て判断しないほうが無難です。実は企業によっては、月収の中身に「毎月10時間の残業」が含まれているおそれもあります。
未分類

転職する場合、相応の準備はしなければなりません。

転職活動には、それなりの準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に見える「服装」は注意している人は多いでしょう。けれども、ここ最近の、採用面接については私服がOKな会社があるので、スーツを着込んで面接に行く必要はありません。創業してすぐの歴史のない会社ほど、お堅いマニュアルもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも良い印象を持ってもらえます。
タイトルとURLをコピーしました