Author

未分類

転職の際の面接では、中小企業であれば、「人事」が面接官となりますが…

転職時の採用面接では、中小企業であれば、概ね「人事」が面接担当ですが、それ以外の場合もあります。例を挙げるとしたら、今後一緒に仕事をする作業部署の責任者、言い換えれば管理職である部長や課長が面接する可能性も考えられます。とりわけ事務系や営業系の場合は、資格による判断がしづらいですから、やはり自分という人物をアピールするようにしたいものです。
未分類

在職期間中なら、状況が許す限り、周囲にバレないよう・・

在職中は出来るだけ社内の人間に悟られないよう、(私のときは)雇用期間中に転身の気持ちのみを早期に会社内でほのめかしたことがありました。けど、それから、求人サイトを散々見て回ったのですが、思いとは裏腹に転職先のあても、転職するタイミングすら計画も立てずに決まらないまま、ダラダラ時間だけが経過してしまいました。挙句の果てにはその一方、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。
未分類

近年、インターネットの就職斡旋エージェントの中でビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えています。

近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティング会社も増加しています。あなたに特許を取った経験があるなら、コンタクトを受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人以外にも、研究開発で論文を提出した経験がある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。
未分類

転職というものをする場合、転職したあとの給料ばかりに気を取られる…

転職というものを考える際、そこでの自身の給与を過剰に気にする人がとてもいるでしょう。とうぜん大半の方は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として稼ぐために仕事しているとは思います。ですから年収がいくらかは自分がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできるから、大切なものとして扱うのは当然なのですが、それにしても愚かにも年収の額に執着しすぎるのもさみしい気がしませんか?よく見れば年収にあまり反映されない仕事であっても精神的に満たされる可能性が大いにあるものだからです。
未分類

昔はずいぶん多くの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、そ・・

私はかつてかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質も本当に多種多様で大体は満足できない感じる人ばっかりでした。こっちは人生がの大事な事なのにもっと熱心に向き合ってほしいという欲が高まってきてしまいました。それが引き金となって私はキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。
未分類

転職活動では、要となるのが「面接」というものです。

再就職をするときにとても重要なのがまぎれもなく「面接」になります。ふつうの面接では、面接官が応募者に対して転職をする理由など色々なことを質問されると思います。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで次は、面接希望者側からの逆質問に切り替わるのが普通です。
未分類

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

転職時の面接の時に面接担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」とかなりの高確率で聞かれます。この場合、いくら正論だと思っても、過去の職場の「人間関係」「労働環境」についての愚痴やトラブルを絡めた内容などは、できる限りするべきではないでしょう。というのも、そのような不満を口にすると、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスをダメにしてしまいかねません。
未分類

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須といえるでしょう。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。企業の大部分は履歴書と職務経歴書に記載されていることを元に面接するかどうかを決めるため、この2点を作成しましょう。ただ穴を埋めるだけでなく、内容が充実していることも大事です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き綴ります。
未分類

求人についての広告には、ほとんどの場合、まともな職場で・・

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、大部分の職場では月収が記載されているはずです。この月収を頭に入れる時には、注意深く確認する事が欠かせないです。その数字だけ見て納得しないようにしましょう。何故かというと場合によっては、月収の中に「毎月30時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。
未分類

再就職にあたって準備はしなければなりません。

転職活動には、それなりの準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に見える「服装」は気になっても仕方がないと思います。とはいえ、ここ数年の、企業面接については私服が良い企業もあるので、スーツ(正装)で面接に向かわなくてもいいでしょう。
タイトルとURLをコピーしました