近時は、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな・・

現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり・・

今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公開されるなど、損をするシステムができてきましたが、完全とはいえません。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。はじめに、求人票等に書かれている労働条件を確認し、ひとつひとつの項目について、色々質問してみることからやってみましょう。ブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げるような姿勢になることが多くあります。中でも「給与」「残業」「休日」の3つについては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも質問を続けると、ふてくされるような態度になるのでブラック企業だと見破ることができます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、変だと思ったら、入社は止めるべきです。

仮に再就職するにも万事うまくいく確証はどこにもありません。

仮に転職活動をしたとしても、万事順調に運ぶと言い切ることはできません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならそのうちに転職しようと考えているなら若い間にできるだけ早く転職を試みるべきでしょう。たいていの場合、20代のあいだは良い展開を期待できますが、30代後半~40代に達してしまうと転職というのはかなり厳しいものと考えておくべきです。もしもあなたが、重要な役職を担当している場合、転職の気持ちが強くなっていても現在の仕事を続けるということを選択項目から除外しないでおきましょう。退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社を辞めないままの方向でじっくり探すほうが堅実です。

転職エージェントや転職サイトなどを活用し、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。とはいっても、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、加えて転職フェアも活用しておくことをお勧めします。多くの企業が一堂に会し、そこに足を運ぶことによりいろんな企業の情報を得ることができ、さらに、説明員等の雰囲気から、企業特有の個性を感じられるでしょう。今後、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接に挑戦するつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。仮にフェアを通して企業側から魅力的な人材、と思われれば、後日面接に進む際に良い手応えを期待できます。

仕事の面接で着用するビジネススーツの色は、新卒の就職活…

仕事の面接でいるスーツのカラーにおいては、新卒の就活の際にに身に付ける色味が無難です。具体的に言うと、黒とか紺色のダークな色になるわけです。再就職のケースであっても、着用していくスーツの色はこういったダーク色が多く、それ以外の色の転職者はほぼいません。それ以外の色と言うと、まれにグレー系の人がいるくらいで、たいていの場合は黒系や紺系がほとんどを占めているのです。ですから、人事から見てもそういった色であるほうが当たり前のように感じます。ですから、第一印象という点ではそのようにする方が好ましいわけです。

転職する際に行われる面接でする腕時計については、明らかに目立・・

再就職時の面接を受ける時につけていく腕時計ですが、目を惹くような時計はつけて行かない方が良いと言えます。この場合の目立つという意味は有名ブランドの腕時計であるとか、それとは真逆でチープな腕時計に見えてしまうとか、そのような目立つということで真逆で目立つ、ということでとらえておきましょう。転職の面接時の腕時計に関してもネクタイやスーツのようにとらえて、堅実なものをつけて行った方が賢明だと言えます。ですが、年齢にあっているということも重要で、新卒の頃に面接時に買った腕時計よりは多少なりとも高価なも腕時計にした方が好ましいとはっきりと断言できます。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました