Author

未分類

近頃、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社をよく見かけるようになりました。

現代はインターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門業者をよく見かけるようになりました。あなたが特許を取ったことがあるなら、コンタクトを受けやすくなります。彼らは、特許を出願した人だけでなく、研究開発で論文を書いた実績のある人や、雑誌で紹介された人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしています。
未分類

転職を考えるとき、転職先となる職場における年収について気にしすぎる・・

転職というものをする場合、転職したあとの給料ばかりに気を取られる人が意外と少数派でもないでしょう。もちろん多くの方は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を稼ぐために仕事をしているでしょう。だから自分自身の仕事に対する評価でもあるので大切に思うのは当然ともいえます。
未分類

私は昔かなり何社かの人材紹介会社に登録していのだが、…

自分が転職を考えていた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、転職のアドバイザーの質に関してもまちまちで大方不満を感じる人ばっかりでした。こっちは人生がの大事な事なのにもっと真摯に向き合ってほしいという考えが積もって、そのことが契機となって自分がキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。
未分類

再就職をするときに比較的重要視されるのが「面接」です。

再就職において、かなり重要視されるのが「面接」なのは間違いありません。普通の面接の場合は面接官が当人に対して転職の動機などいろんな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら今度は、転職希望者から、面接担当者へ聞いておきたかったことなどを質問できます。
未分類

転職する際には面接が必須となります。

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。担当者から「転職理由をお聞かせください」という風に、聞かれることはほぼ間違いありません。その場合、どんな事情があっても、前の仕事場での労働環境や人づきあいについての不満に受け止められる内容は、できるだけしないようにしましょう。
未分類

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。

転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。企業の大部分は履歴書と職務経歴書に記載されていることを見て面接するかどうかを決めるため、これらの書類の作成が重要といえるでしょう。ただ穴を埋めさえすればいいというわけではなく、内容が充実していることも大事です。
未分類

求人についての情報では、とうぜん多くの株式会社では月の給料が明記されています。

求人関連の広告には、大部分の場合は大部分の企業では月収が記載されているはずです。ただしこの月収の箇所をチェックする時には、注意深く確認する事が必要です。その数字だけを見てわかってしまわないほうが良いです。そのわけは企業によっては、月収の金額の内訳に月15時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。
未分類

再就職をスムーズに行いたい場合、準備は必要不可欠です。

転職活動にあたって然るべき準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、特に身だしなみ、に含まれる服装は重要なことだと感じてしまいます。ところが、最近の面接に関しては、形式ばらない服装がOKな企業があるので、ガッチリとスーツで決めて面接に出向かなくても良いケースもあります。
未分類

再就職の際の採用面接では、零細企業クラスの場合おおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官となります・・

転職の際の採用面接では、規模の小さい企業だったら大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、その他にも実際、一緒に仕事をする一番偉い人、というような管理職クラスである部長や課長が面接を担当する可能性も考えられます。中でも事務系・営業系に転職する場合は資格だけでは人の評価が難しいのでやはり自分をアピールしていくことが求められます。
未分類

雇用期間中なら、可能なかぎり周囲に気づかれないよう・・

在職期間中なら、可能であれば、周りの人間に悟られないよう、(私の転職活動では)在職中に転身の意思表示のみを早いタイミングで会社内で知らせたことがあります。ところが、その顎、求人情報を散々見て回ったのですが、結局働き先のあても転職時期さえも無計画なまま決まらないまま、いつの間にか時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方で、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。
タイトルとURLをコピーしました